わきが治療手術と多汗症Top >  多汗症治療 >  美容整形でのワキガ治療

スポンサードリンク

美容整形でのワキガ治療

日本の美容整形の分野では珍しく、
ワキガの治療は健康保険を適応することができる。

そして美容整形におけるワキガ治療は、
手術療法と保存療法の二つに大きく分かれる。

まず鋳よう整形での手術療法には剪除法、吸引法、皮下組織削除法、切除法 などがある。
中でも最も一般的に行われているのが剪除法だ。
それから保存療法には制汗剤、腋毛の処理、ボトックス注射 などもある。

ワキガの治療は保険が適応できるのだが、
民間病院では自由診療扱いで治療する場合が多いようだ。
ワキガの臭いの強弱、腋毛の範囲は一切関係ないので、
美容整形を行う機関でワキガおよび脱毛の治療を受ける場合は、
健康保険の適用ができるのか確認することが大切だ。

関連エントリー

わきが治療手術と多汗症Top >  多汗症治療 >  美容整形でのワキガ治療